'

2016.06.27

社内報に「社長メッセージ」は必須ですか?

社内報に「社長メッセージ」は必須ですか?

こんにちは。ディレクターのkojiです。

さて、社内報に掲載されるメインコンテンツとして「社長メッセージ(トップメッセージ)」がありますが、「社内報に掲載必須のコンテンツなのでしょうか?」とお客さまから質問を受けることがあります。

答えとしては、必須ではないですが毎号どこかに登場したほうがよい、と思っています。
それは、経営状況や企業のこれからの目指す方向を示す時、その先頭を走る社長の熱い想いは記事を通じて社員の心に響くと思うからです。

ただし、掲載方法は一つではありません。
社内報のメインの発行目的が「ビジョンの共有」や「ベクトル合わせ」などの場合には、毎号巻頭特集に社長が登場したほうがよいかもしれませんが、たとえばボトムアップ型の社内報で、「横のつながり(コミュニケーション)」を発行目的とする社内報の場合では、巻頭特集に登場させるのでは冊子の目的が変わって見えて読者を迷わせてしまうかもしれません。そのような場合は、別の企画、たとえば「社長と若手のランチ会」とか社長も会社の一員、コミュニケーターとして登場させることをオススメします。

実際に、ボトムアップ型の社内報を目指すサービス業のある企業さまでも、社長さまを毎号最終ページの編集後記程度のスペースに、毎号の社内報テーマに沿ったコメントを残してもらっていました。写真も掲載なし、ご自身のイラストのみ。それでも、このコーナーは非常に人気なのだそう。なぜ人気なのでしょう?おそらく社内報でしか載せないコラム内容に編集されていたからです。 社内報の社長メッセージを読んでもらうポイントは、掲載スペースや掲載場所ではなく、社内報にしか載っていない情報であるということ。思いきって試してみてはいかがでしょうか。

これだけは知っておきたい社内報づくりの4ステップ

満足度の高い社内報制作をお求めならインターナルブランディングの日本PRセンターへ

編集ディレクター kojiの最近書いた記事

  • 2016.8.22 厚みのある「特集企画」にするためのひ… 160822 勉強の秋、スポーツの秋、芸術の秋…など、秋はさまざまなことにチャレンジし…

  • 2016.8.8 もしも、社内報への掲載を社員に断られ… 160808 こんにちは、ディレクターのkojiです。 会社案内や採用ツールは、たと…

  • 2016.8.1 社内報の「コスト」について、考える。… 160801 のつづき 社内報制作会社・営業Bさん(以降Bさん): 「先日はヒ…

  • 2016.7.25 社内報の「コスト」について、考える。… 160725 社内報担当者Aさん(以降Aさん): 「ウチの社員に社内報はあまり読まれ…

「コラム」コンテンツ一覧へ

連載コンテンツ

ブログの最新記事や社内報にお役立ち情報を定期的にお届けしています。

※プライバシーポリシーに同意の上、ご登録ください。

社内報データブック

今日から使える!社内報企画のレシピ12選

セミナー開催情報

運営会社