'

2016.07.01

整理整頓(断捨離)について

整理整頓(断捨離)について

こんにちは。shibaです。

弊社の書庫には、社内報制作のお手伝いをしている関係で、校正紙や社内報のバックナンバーがたくさん保管されています。しかし、あるスタッフがいつもメンテナンスしてくれているおかげで、驚くほど整理整頓されています。

自分のデスク周りも含めて、モノで溢れかえっている職場は、意外と多いのではないでしょうか。私も、決して得意ではありません。実際、モノを捨ててしまうと、「なんとなく仕事ができなくなるのではないか」という不安に駆られてしまいます。

ところが先日、興味深い話を伺いました。それは、ある知り合いのビジネスマンの話です。彼も、以前はモノが捨てられなかったそうですが、ある日、意を決して、モノの整理を始めたそうです。いわゆる、断捨離ですね。自宅の書棚から趣味に至るまで、必要・不要なものに分け、徹底的に処分。今では、通勤時の持ち物にまで及び、「カバンは持たない」そうです。代わりに、スケジュール管理から新聞や仕事のメールのチェックに至るまで、スマホを徹底的に駆使しているそうです。

さらに、面白かったのが財布。財布については以下の通りです。

■財布自体、薄くて小さい財布
■出勤時に、当日必要そうなカードを2~3枚選び、財布に入れる。カードは極力突起のないカード(名前や番号が凸凹したものではなく)を選択(これが一番財布の厚みを生むそうです)
■現金は持たない。小銭が必要な際は、手持ちの自動チャージできるSuicaで支払い

そこで、このような質問をしてみました。「会社の飲み会などで、ワリカンになった時、どうするんですか」と。

すると、彼曰く、
「例えば一人8,000円となれば、みんなでスマホ取り出して、その場で口座番号を教えあって、振り込むんだ。みんな同じ会社だから、給与口座も同じ。だから、振込手数料もかからないんだよね。」

徹底した合理性に驚嘆しましたが、意外とモノを持たなくても、支障がないそうです。彼曰く、「持たなくても、何とかなるもんだよ」とのこと。逆に、精神的・肉体的な負担は少なくなったそうです。

みなさんも、断捨離、どうですか。まずは、社内報の校正紙からスタートしてみてはいかがでしょうか。

これだけは知っておきたい社内報づくりの4ステップ

満足度の高い社内報制作をお求めならインターナルブランディングの日本PRセンターへ

shibaの最近書いた記事

  • 2016.7.29 社内報に関する雑感 3287533ab979784382f59d87dc5c9dd1_s こんにちは。shibaです。 私は、職業柄、たくさんの社内報ご担当…

  • 2016.7.15 面白い社内報とは? bbfde207f62d242cf774dd89b8d7e890_s こんにちは。shibaです。 先日、社内報ご担当者の方から、「うち…

  • 2016.6.17 企画の考え方 ~会議編~ 77d32c0a7334b73c520455e6cb5685f0_s こんにちは。shibaです。 我々の仕事の1つに、「企画を考えるこ…

  • 2016.6.3 大事なのはバランス c4b5f6c1197b56bc767823f4913023ce_s こんにちは。shibaです。先日、管理栄養士の方と話した時のこと。彼女が…

「コラム」コンテンツ一覧へ

連載コンテンツ

ブログの最新記事や社内報にお役立ち情報を定期的にお届けしています。

※プライバシーポリシーに同意の上、ご登録ください。

社内報データブック

今日から使える!社内報企画のレシピ12選

セミナー開催情報

運営会社