'

2016.08.22

厚みのある「特集企画」にするためのひと工夫とは?

厚みのある「特集企画」にするためのひと工夫とは?

勉強の秋、スポーツの秋、芸術の秋…など、秋はさまざまなことにチャレンジしてみよう!と意欲が高まる季節です。社内報においても社員への「気合い入れ」企画を特集に組み込む企業さまもあるかと思います。

<企画の一例>

●上期の決算報告を受けて、下期に行うべきことを考えさせる特集。
●CSR報告書などの内容を抜粋し、ステークホルダーと企業のつながりについて考えさせる特集。
●働き方改革!と題して、産休や育休、その他いろいろな制度で働き方を見つめ直させる特集。
など。

「特集」を組む際に、ぜひ考えてもらいたいのが企画の“深度”について。「テーマ設定はいいのだけど、あっさり2ページで特集が終わってしまった」という、もったいない状況を意外と目にします。他ページとの兼ね合いもあるのでしょうが、これでは社員に考えてもらう、浸透させるようになるのはなかなか難しいです。

たとえば、先ほど挙げた
・上期の決算報告を受けて、下期に行うべきことを考えさせる特集。

であれば、これに対応する企画として
深度レベル1) 経営陣にインタビュー「下期に期待すること」 (2ページ)
深度レベル2) リーダー座談会「わたしの部署の売上UP施策術」(2ページ)
深度レベル3) 個々人に聞く「半年後の自分へミニレター」(2ページ)

経営層、リーダー、個人にフォーカスした深度の異なる企画を複数用意することで、一つのテーマ(ここでは「下期に行うべきことを考えさせる」)に対して厚みを出すことができます。

身近な人物を登場させることで個人の目標を具体的にイメージさせ、経営層の登場で企業全体の目標まで視野を広げさせる、そんな特集ページを意識するとよいのではないでしょうか。

さぁ、いよいよ秋号の制作、今号も制作頑張りましょう!

これだけは知っておきたい社内報づくりの4ステップ

満足度の高い社内報制作をお求めならインターナルブランディングの日本PRセンターへ

編集ディレクター kojiの最近書いた記事

  • 2017.3.28 社内報で座談会企画を実施するときのヒ… shutterstock_138836342 こんにちは。ディレクターのkojiです。本日は、社内報の企画としてよく挙…

  • 2016.8.8 もしも、社内報への掲載を社員に断られ… 160808 こんにちは、ディレクターのkojiです。 会社案内や採用ツールは、たと…

  • 2016.8.1 社内報の「コスト」について、考える。… 160801 のつづき 社内報制作会社・営業Bさん(以降Bさん): 「先日はヒ…

  • 2016.7.25 社内報の「コスト」について、考える。… 160725 社内報担当者Aさん(以降Aさん): 「ウチの社員に社内報はあまり読まれ…

「コラム」コンテンツ一覧へ

連載コンテンツ

ブログの最新記事や社内報にお役立ち情報を定期的にお届けしています。

※プライバシーポリシーに同意の上、ご登録ください。

社内報データブック

今日から使える!社内報企画のレシピ12選

セミナー開催情報

運営会社