'

2015.02.06

コミュニケーション“オモロ動画”トピック「見せる」から「魅せる」時代へ変革の時

コミュニケーション“オモロ動画”トピック「見せる」から「魅せる」時代へ変革の時

テレビ報やイントラで動画を流している企業が多い昨今。
その動画、果たして本当に社員に響いていますか?
コミュニケーション戦略の領域、セールスプロモーションの現場では、
「見せる」から「魅せる」解説動画へのシフト転換が行われています。

私の記事で良く出てくる「Vine」という6秒で商品やサービスを訴求するTwitterの動画SNS。このSNSの利用度は急上昇しています。
6秒という短くもはかない時間に、「飽きる前に」魅せる。くどくどと説明してきた動画の時代から、時間のないユーザーにさっくりとわかりやすい動画を用いたコミュニケーション手法が興隆しています。 事例をいくつか見ていきましょう。

○森永製菓

自社で数々のVine動画を出している森永製菓。
自社の製品であるお菓子を使用し、面白いテーマで動画を作成。


○レブロン

アメリカの化粧品メーカー「Revlon(レブロン)」の新作口紅を紹介するVine動画。紹介されている新作口紅は、「食事をしても1日中口紅が落ちない」ことが特徴。それを伝えるために、時計の秒針に見立てた口紅で、1日の流れを6秒に凝縮しています。



このように、6秒で「魅せる」コミュニケーションが現在では展開されています。インナーコミュニケーションの世界でも、WEB社内報では企画によっては相当有効なはずです!動画も担当するディレクターFこと私は、今年は「魅せる」ネット社内報をどんどん構築していきますよ〜!

これだけは知っておきたい社内報づくりの4ステップ

満足度の高い社内報制作をお求めならインターナルブランディングの日本PRセンターへ

ディレクター Fの最近書いた記事

  • 2015.3.3 似顔絵で、トップとの距離感を 「グッ… トビラ画像 ディレクターのFです。少しずつ春の足音が聞こえてくる暖かさを感じる今日こ…

  • 2015.2.24 愛読書紹介で、役員やマネージャーの … 0224 役員や部門長は、一般社員にとっては少し遠い存在。 かくいう私も役員に対…

  • 2015.2.17 社内報トップメッセージの企画のツボ … 0217A_ 最近ではキュレーションサイトからの情報収集で、紙媒体の新聞を読まなくなっ…

  • 2015.2.13 オウンドメディアを WEB社内報にも… 2014B_ オウンドメディア。この単語、みなさんは聞いたことはありますか? 個人的…

「おすすめ」コンテンツ一覧へ

連載コンテンツ

ブログの最新記事や社内報にお役立ち情報を定期的にお届けしています。

※プライバシーポリシーに同意の上、ご登録ください。

社内報データブック

今日から使える!社内報企画のレシピ12選

セミナー開催情報

運営会社