'

2016.05.02

「WITHOUT THOUGHT Vol.15 駅 STATION」

「WITHOUT THOUGHT Vol.15 駅 STATION」

こんにちは、ディレクターのkojiです。本日は連休中ということで、少し気分を変えてイベント情報をお届けします。お休みの間にぜひ足をのばしてみてはいかがでしょうか?

●深澤直人がディレクションする特別展
「WITHOUT THOUGHT Vol.15 駅 STATION」

2016.4.27(Wed)~2016.5.15(SUN)
東京ミッドタウン・デザインハブにて無料開催中
URL:http://designhub.jp/exhibitions/2060/

世界的デザイナーである深澤直人さんのディレクションにより、国際的にも高い評価を得ているデザインプロジェクトです。
深澤直人さんといえば、「±0」の加湿器や、auのスマホとかが有名ですよね。丸かったり、ツルンとしていたりして、たとえばその空間の中で、たとえば手のひらの中で、いかに商品が生活になじむか、人になじむか、計算を重ねたフォルム感が大きな魅力だと思っています。

今回の展示会は15回目の開催。テーマは「駅」。
このワークショップでは、いつも人が「思わずにしていること」に焦点を当て、そこからアイデアを導き出す体感について、デザインを通じて共有しようとするものだそう。

深澤直人さんコメント(サイトより引用)
多くの人々が利用する駅にはありふれた情景や当たり前の行為が詰まっています。まずは駅という場において人がしてしまうこと、感じてしまうことを見つけ出そうとしています。
人は駅の階段を上がりながら何か同じことを感じているはずです。電車を待つ列で何か同じことを感じる、あるいは思う瞬間があるはずです。こういった人の無意識への気付きや確信が普遍や元型を生み出す源泉になるのです。駅での気付きをこれらのデザインを通して共有したいと思います。


新しいアイデアや発想は、当たり前のこと・モノに「気づく」ことから始まるもの。
ゴールデンウィークの連休を利用して、ご家族で旅行へ行く方もいれば、自宅でのんびり過ごす方など時間の使い方もさまざまかと思いますが、小さなことでよいので普段の日常ではできないことにぜひチャレンジをしてみてくださいね。

これだけは知っておきたい社内報づくりの4ステップ

満足度の高い社内報制作をお求めならインターナルブランディングの日本PRセンターへ

編集ディレクター kojiの最近書いた記事

  • 2016.8.22 厚みのある「特集企画」にするためのひ… 160822 勉強の秋、スポーツの秋、芸術の秋…など、秋はさまざまなことにチャレンジし…

  • 2016.8.8 もしも、社内報への掲載を社員に断られ… 160808 こんにちは、ディレクターのkojiです。 会社案内や採用ツールは、たと…

  • 2016.8.1 社内報の「コスト」について、考える。… 160801 のつづき 社内報制作会社・営業Bさん(以降Bさん): 「先日はヒ…

  • 2016.7.25 社内報の「コスト」について、考える。… 160725 社内報担当者Aさん(以降Aさん): 「ウチの社員に社内報はあまり読まれ…

「おすすめ」コンテンツ一覧へ

連載コンテンツ

ブログの最新記事や社内報にお役立ち情報を定期的にお届けしています。

※プライバシーポリシーに同意の上、ご登録ください。

社内報データブック

今日から使える!社内報企画のレシピ12選

セミナー開催情報

運営会社