'

2017.05.02

社内報の取材中に意識したいポイント

社内報の取材中に意識したいポイント

社内報の担当者になると、原稿を作成するため社員の方に取材をする機会も多くありますよね。今回は社内報担当者として、取材中に意識したいポイントについて考えていきましょう。

さぁ、いよいよインタビューが始まります。
その時、社内報担当のみなさんは何から話し始めますか?

私たちのように社外の立場の者が企業の社長や開発担当者の方を取材する時は、事前にお会いしたこともお話したこともない、初対面であることがほとんどです。そのため、最初の数分間は、この取材の主旨(どんな媒体に載せる記事で、どんなことを取材するか)ということを説明し、場合によって、相手をリラックスさせるための雑談をしながら本題に入るようにしています。その際に必ず、ICレコーダーで録音すること、そしてお話いただいた内容がすべて記事になるわけではないので、できるだけ具体的にお話くださいとお願いもします。
社内報担当のみなさんが社内で取材をする場合であっても、初対面の方や面識が多少ある程度の方に取材を申し込むことも多いでしょう。相手にリラックスして話してもらうための準備を最初にしっかり行うことが大切です。

取材中は相手の話したい順番などもあるので、動画などを撮影する場合を除けば、事前に作成した質問項目の順番通りに質問をしていくのではなく、割と自由にお話をお聞きしても大丈夫です。
取材の時にはできるだけ多くの方向から質問をして、取材対象者から聞き出す内容に深みと立体感を持たせることが大切です。話が脱線したとしても、その脱線の中に取材のテーマの本質を突くような事実が隠れている場合もあります。時間の許す限り、相手のペースでお話をしていただくようにします。

取材の基本は、取材対象者のお話を聞くこと。


取材する側がリードできたかどうかではなく、取材したい内容を漏れなく相手から聞き出すことができたのかどうか。その点を押さえていれば、後は相手のペースでお話いただくことが大切です。ですから、そんなに大きなテクニックや技術が必要なのかというと、そんなわけではないのです。

取材する側も、受ける側もリラックスして、テーマは決まっているけれど自由に会話をしていく。時にはお互いに冗談をいいながら、笑いながら取材が進行していく。私は取材中そのような時間をつくるように心がけています。それはリラックスしている雑談ほど、本音が出てきやすく、その場でしか聞けない情報が聞けるからです。そのキーワードをうまくピックアップして、原稿を作成していきましょう。

これだけは知っておきたい社内報づくりの4ステップ

満足度の高い社内報制作をお求めならインターナルブランディングの日本PRセンターへ

「レッスン」コンテンツ一覧へ

連載コンテンツ

ブログの最新記事や社内報にお役立ち情報を定期的にお届けしています。

※プライバシーポリシーに同意の上、ご登録ください。

社内報データブック

今日から使える!社内報企画のレシピ12選

セミナー開催情報

運営会社