'

2016.07.08

「さわり」は「最初」じゃない!?
誤解されがちな語句の罠

「さわり」は「最初」じゃない!?<br />誤解されがちな語句の罠

先日夜道を歩いていたら、何かにつまずきました。道の真ん中に大きな石が、危ないなぁ…と思ってよくよく見たら、なんと大きなウシガエルでした。
カエルさんごめんね。ADちっしーです。

さて、早速ですが、音楽の時間です。
「“かえるの合唱”のさわりを歌ってください」と指示されたとき、あなたはどうしますか?

「か~え~る~の~」と歌い出したあなた!

それは間違いです。

「さわり」という言葉は本来、『曲や物語の中で、最も盛り上がる聞かせどころ、要点』という意味。どの辞書を引いても、『曲・物語の最初の部分』とは出てきません。
つまり正解は、
「げろげろげろげろ ぐわっぐわっぐわっ」
なのです。(たぶん、聞かせどころといえばここでしょう…)

こんなふうに、誤って、本来の意味とは違う使われ方をされている語句があります。
その代表的なものを、いくつかご紹介いたします。

【寸暇を惜しまず】

ん?何もおかしくない? そうですか?
たとえば、「○○さんって寸暇を惜しまず働いて、すごいよねぇ~」なんて褒めてみる。でもこれ、実は全然褒めていないんです。
「寸暇」は、わずかな時間のこと。それを「惜しまない」のだから、つまり
『わずかな時間でさえも働きたがらない。だってもっとやりたいことがあるから』という意味になってしまうのです。日本語おそろしい!
(理解したうえで皮肉として使うのは、ありかも??)←良い子は真似しちゃだめですよ!
正しくは、「寸暇を惜しんで」です。

【気が置けない】

あの人とは気の置けない仲なんだよ~、と険しい顔をして言ったりしていませんか?
この言葉はよく、『気を許せない、油断できない』という意味で誤って使われています。
しかし、本来の意味は全く逆。『気遣いの必要のない、気楽に付き合える人』という意味です。
誤解されるポイントは、「置けない」という否定的な表現にあるかと思います。しかし由来を探ってみると、ここでの「~ない」というのは「そうしようとしなくても、自然とそうなってしまう」という意味なのだそう。
『意識して気を置かなくても、自然に置いてしまうほど、わかり合えた仲』ということなんですね。なんとも素敵じゃないですか。
おなじ成り立ちの言葉としては、「せわしない」なんかがあります。よくよく考えれば、「忙しい(せわしい)」を否定しているのだから、忙しくないはずですよね?

【鳥肌が立つ】

最後はカラオケ。
「○○くん、どうだったね、私の十八番は」
「はい部長、素晴らしかったです!思わず鳥肌がたちました!」
…きっと強烈な歌声だったのでしょうね。
昨今テレビなどで、感動的な体験を「鳥肌ものだ!」なんて表現していますが、この「鳥肌」は本来『とても恐ろしい体験をしたときに、皮膚が鳥の肌のようにぶつぶつする』様子のこと。感動するほど素晴らしいもの、にはあまり使うべきではありません。
しかし生物学的な「鳥肌」現象は、人間が何か強烈な刺激を受けたときに発生するものなので、その刺激がたとえば素晴らしい絵画だったり、音楽だったり…なんてこともあるはず。
そう考えると、あながち間違いとは言い難い、かもしれませんね。

いかがでしたでしょうか。
わずかな誤解が、文章の意味をまるっと逆転させてしまうこともあるのです。
ちょっとでも疑わしい表現がでてきたら、とびっきりの皮肉を無意識にぶつけてしまう前に「これ、使い方合っているのかな?」とこまめに調べる癖をつけましょう。

これだけは知っておきたい社内報づくりの4ステップ

満足度の高い社内報制作をお求めならインターナルブランディングの日本PRセンターへ

ちっしーの最近書いた記事

  • 2016.8.19 第9話 先生、コーヒーでいいですか SHAHOO_160819

  • 2016.8.5 第8話 先生、目的ってなんですか SHAHOO_160805

  • 2016.7.22 第7話 先生、社内報ってなんですか 160722_SHAHOO

  • 2016.6.24 四コマ漫画の考え方 ばああぁん 漫画ばかりアップしていたら、先日「文章書かないの~??」と胡乱な目で見ら…

「レッスン」コンテンツ一覧へ

連載コンテンツ

ブログの最新記事や社内報にお役立ち情報を定期的にお届けしています。

※プライバシーポリシーに同意の上、ご登録ください。

社内報データブック

今日から使える!社内報企画のレシピ12選

セミナー開催情報

運営会社