'

2016.07.13

社内報の健康診断は定期的に行いましょう!

社内報の健康診断は定期的に行いましょう!

こんにちは、プロデューサーのkitaです。先週、私の会社では健康診断がありました。日常業務を優先してサボってしまおうかと魔がさしたりするのですが、定期的に検診を行うことは大切ですね。受けてさえいれば、同僚やクライアントに迷惑をかけずに済むなんてこともあるかと思い、きちんと受けさせていただきました。実は、社内報でも同じことが言えます。

日々の業務に追われてしまい、出しっぱなしとなってしまっている社内報はありませんか?残念ながらメンテナンスされなくなってしまった社内報は必然的にどんどん活気を失っていきます。読者も離れ、ご担当者様の意欲も落ちるなど、負のスパイラルに陥ります。

そのような懸念のある社内報ご担当者様には、以下の「社内報制作において重要となる3つのポイント」を押さえて、定期的に点検してみることをお勧めしています。

ポイント1.目的・ターゲット

「目的・ターゲット」明確でしょうか?発刊を続ける中で、出すことが目的となってしまい忘れてしまったりしていませんか?読者を見失ってしまわぬよう、「目的・ターゲット」は都度、きちんと意識しましょう。

ポイント2.制作体制

社内組織、ご担当者様、パートナー、その他、発行頻度や情報量など、様々な変動要因がある中で、常に最適な制作体制を整えておくことが、事故無く、クオリティの高い社内報の発行につながります。常にベストな制作体制を目指しましょう。

ポイント3.配布・流通方法。

これはWEBで社内報を発行している企業様にとって特に重要です。来訪させる工夫がおろそかになっていると、気づいたら対象読者の一割位しか読まれていないということにもなりかねません。コスト面などを考慮しつつもお届けする方法は常に考え続けなくてはなりません。

日々の業務の忙しさにかまけずに、何年かに一度のリニューアルという大きなタイミングだけでなく、3つのポイントを押さえて定期的に点検してみてください。何度か発行していくと、どこかにほころびが出始めるものです。その問題を解決し続けていくことで、社内報の劣化が防がれ、更には前号よりも進化した社内報の発行につながっていきます。

これだけは知っておきたい社内報づくりの4ステップ

満足度の高い社内報制作をお求めならインターナルブランディングの日本PRセンターへ

kitaの最近書いた記事

  • 2016.8.10 アンケートから読者動向を探ってみる。 d84489d915ccb663f95600f7e2a4724f_m こんにちは、プロデューサーのkitaです。皆様は、読者アンケートをとって…

  • 2016.7.27 印刷社内報のお楽しみ! b8e534d0b4eb1805cd6cce879ef9bb25_m こんにちは、プロデューサーのkitaです。担当する企業様のお手元に社内報…

  • 2016.6.29 WEB社内報のコンバージョンについて! 6dcf78a1190d3171b6752b37c5087691_m こんにちは、プロデューサーのkitaです。今回は、WEB社内報のコンバー…

  • 2016.6.15 気になる他社様の社内報の発行方法につ… 258a0ccfd0debc0dd3b695f9149325bf_m こんにちは、プロデューサーのkitaです。社内報のスタートアップのお手伝…

「レッスン」コンテンツ一覧へ

連載コンテンツ

ブログの最新記事や社内報にお役立ち情報を定期的にお届けしています。

※プライバシーポリシーに同意の上、ご登録ください。

社内報データブック

今日から使える!社内報企画のレシピ12選

セミナー開催情報

運営会社