'

2015.07.02

校正記号の時間
これだけ知っておけば大丈夫!
校正にまつわる7つの専門用語

これだけ知っておけば大丈夫!<br />校正にまつわる7つの専門用語

こんにちは。ディレクターのタカエです。
「校正記号の時間」では、社内報の校正時に役立つ、校正記号の種類と使い方をご紹介しています。
(バックナンバーはこちら!)

今回は校正記号から少し離れて、校正に関する専門用語をご紹介します。
赤字、責了、念校など、校正中にはイロイロな言葉が飛び交いますが、皆さん、それぞれ意味はご存知ですか?
今さら先輩には聞けないかも…という方も、たぶん知ってる!という方も、
今一度用語の意味を見直して、正しく使えるようになりましょう。

【1】入稿

原稿を渡すことを「入稿」と言います。皆さんが依頼した先の社員から原稿をもらうことも「入稿」、その原稿を制作会社や印刷会社に渡すことも「入稿」です!

【2】赤字

校正紙に書き込まれた修正指示は、赤いペンで書くことが多いことから「赤字」と言います。
でも、必ず赤いペンで書かなければいけない訳ではなく、読みやすければ何色で赤字を入れてもOKです!

【3】初稿と初校

字は似ていますが、実は全く違う意味の言葉です!
「初稿」は「最初の原稿」のことで、「初校」は「最初の校正」のことを言います。
皆さんが依頼した先の社員からもらった原稿は「初稿」、それを皆さんや制作会社が調整してデザインに反映した最初の校正紙は「初校」となります。

【4】再校(二校)

初校の赤字を直した二回目の校正紙を「再校」または「二校」と呼びます。
ちなみに、三回目の校正は「三校」です。
次は四校、五校と続きますが、校正の回数は「三校」までが一般的です。四校以上が多い!という皆さんは、校正の仕方を見直して、より効率的な進め方を目指しましょう。
(校正の効率的な進め方についてはまた今度ご紹介します!)

【5】責了

赤字がほとんどなかった際に、「制作会社や印刷会社の責任で校了にして良い」時には、「責了」と伝えます。校了が長引いてしまった際などによく使う手段ですが、万が一の修正漏れや責任トラブル等を防ぐために、時間が許せば念のため確認をして「校了」にすることをおすすめします。

【6】念校

「念のための校正」の略です。校正で赤字の数が少なく問題はないはずですが、念のため確認をしたい時に行う校正です。「責了」になるような少ない赤字で、念のため校正を出してほしい時には、制作会社や印刷会社に「念校をお願いします」と伝えてみましょう。

【7】校了

「校正終了」の略で、赤字がゼロになった状態を言います。紙媒体なら印刷、WEBならコーディングに進んで良いという指示になります。「校了」と制作会社や印刷会社に伝えた後は、基本的には修正ができなくなりますので、校了の前の校正では最終チェックをきちんと行うようにしましょう!

以上、校正にまつわる7つの専門用語をご紹介しました。
原稿を作った方、編集委員、制作会社で認識の行き違いなくスムーズに校正が行えるよう、正しく用語を使いましょう!
次回は「㎡」「H2O」などの上か下についている小さな文字、「上付き文字」「下付き文字」に関する校正記号をご紹介します。

これだけは知っておきたい社内報づくりの4ステップ

満足度の高い社内報制作をお求めならインターナルブランディングの日本PRセンターへ

ディレクター タカエの最近書いた記事

  • 2016.5.12 社員のON・OFFから学ぶ、究極の働… 103140 働くすべての人にとって、効率化・ワークライフバランスなどの「働き方」は永…

  • 2016.4.14 新入社員研修レポートの魅力的なつくり方 企画_20160414 こんにちは! 新入社員紹介特集を掲載した春号も完成間近、という皆さ…

  • 2016.3.31 【WEB社内報におすすめ】 新入社員… 企画_20160331 こんにちは!この時期毎年恒例なのに、いつもよく読まれる、よくチェックされ…

  • 2016.3.17 「言う?」「いう?」 表記って何を基… 290283 ディレクターのタカエです。 「ください」「下さい」、「いく」「行く」な…

「レッスン」コンテンツ一覧へ

連載コンテンツ

ブログの最新記事や社内報にお役立ち情報を定期的にお届けしています。

※プライバシーポリシーに同意の上、ご登録ください。

社内報データブック

今日から使える!社内報企画のレシピ12選

セミナー開催情報

運営会社