'

2015.04.16

ダイバーシティ・働きがいのある会社関連
いまの障がい者雇用について知ろう!

いまの障がい者雇用について知ろう!

こんにちは。ディレクターのタカエです。
ここでは、ダイバーシティ・働きがいのある会社に関連したフレッシュなニュースをお届けします!

現在日本には、約788万人(人口比約6%)の障がい者がいるといわれ、増加傾向にあります。
そのため、今では障害者雇用促進法で、従業員数50名以上の民間企業は常用雇用者数の2.0%の障がい者を雇用することが義務づけられるようになりました。しかし、現在達成企業率は全国で45%程といわれています。

そこで今回は、障がい者雇用の最新事情をご紹介します!

★トピック1 日本一、障害者雇用率が高い企業とは?

『CSR企業総覧2014年度版』によると、2012年現在、食品トレーメーカー最大手の株式会社エフピコさんがダントツの1位!で、16.10%(369人)の障がい者雇用の実績をもっています。
具体的な雇用環境についていくつかご紹介してみましょう。

◎エフピコさんの核となる「食品トレー容器の生産」と「リサイクル」事業で活躍
◎「食品トレー容器の生産」事業では、食品トレー容器の成型・組立加工・検品・包装までを担当
◎「リサイクル」事業では、エフピコさんのリサイクルシステムにおける使用済みトレーの選別を担当
◎全国に広がる22カ所の事業所で雇用

障がい者の方々が、補佐としてではなく、事業の核となる業務に携わっている環境が印象的ですね。

また、社内報担当者の皆さまには、エフピコさんのホームページで閲覧できる障がい者雇用のページが、取り組みを社内報で紹介する際の参考になると思いますので、ぜひご覧ください。外部向けですが。エフピコさんの思いが伝わるページとなっています。

★トピック2 障がい者雇用推進に取り組む団体のWEBが面白い!

今回はもう1つ、障がい者雇用に関する社内報ネタを扱うことになったけれど、知識がなくて不安・・・という方におすすめ情報サイトをご紹介します。

ATARIMAEプロジェクトという一般財団法人が運営するWEBサイトです。
働く障がい者の方々の声や、障がい者雇用の基礎知識、取り組みの事例など充実の内容なので、よろしければご参考にしてみてください。

センシティブな内容でもある障がい者雇用。しかし、社員全体のダイバーシティの意識を高めることができるテーマでもあります。諦めず、挑戦してみましょう!

これだけは知っておきたい社内報づくりの4ステップ

満足度の高い社内報制作をお求めならインターナルブランディングの日本PRセンターへ

ディレクター タカエの最近書いた記事

  • 2016.5.12 社員のON・OFFから学ぶ、究極の働… 103140 働くすべての人にとって、効率化・ワークライフバランスなどの「働き方」…

  • 2016.4.14 新入社員研修レポートの魅力的なつくり方 企画_20160414 こんにちは!ディレクターのタカエです。 新入社員紹介特集を掲載した…

  • 2016.3.31 【WEB社内報におすすめ】 新入社員… 企画_20160331 こんにちは!ディレクターのタカエです。 明日は入社式ですね!この時…

  • 2016.3.17 「言う?」「いう?」 表記って何を基… 290283 ディレクターのタカエです。 「ください」「下さい」、「いく」「行く」な…

「ニュース」コンテンツ一覧へ

連載コンテンツ

ブログの最新記事や社内報にお役立ち情報を定期的にお届けしています。

※プライバシーポリシーに同意の上、ご登録ください。

社内報データブック

今日から使える!社内報企画のレシピ12選

セミナー開催情報

運営会社