'

2017.07.13

企画の見せ方はバラエティや情報番組を参考に【前編】

企画の見せ方はバラエティや情報番組を参考に【前編】

読者である社員に向けて伝えたい事が決まった時、それをどのようなカタチで社内報に載せるか?で悩まれることがあると聞きます。 読者に興味をもってもらえるように、面白く載せたいんだけど、私たちは頭がカタイから・・・。

そんな方にお勧めしたいのが、バラエティや情報番組。
オモシロおかしく、しかも印象に残る表現手法が満載です。
但し、社内報ですから、ある程度の気品も必要です。

そこで今回はオモシロおかしく考えて、そこから「これはできない」と表現内容を引き算していくやり方をご紹介します。熱心に読んでくれる読者が増えるように、また、記事内容や伝えたいことを社内へ浸透させる手段として、ぜひ試してみてください。

1. 担当者が楽しくないものは、読者も楽しくない

私たちクリエーターは、社内報を担当される方から「どのような載せ方をすれば、読者の興味を引いて読んでくれるようになるかな・・・」といった相談をよく受けます。その時に、まるで金太郎飴のようにいわれるのが「私たちは頭がカタイから・・・」というフレーズです。
社内報には、エンタメ情報のように見て楽しいものではなく、非常に真面目な、どちらかというと、そのまま掲載すると無味乾燥になりがちな情報が多いものです。ですから、社内報は、読者である社員の皆さんに、興味・関心をもってもらえるような工夫が必要です。

その時に大切なことは、まず担当される方が「読んでみたい」「楽しい」と思える紙面にすることです。口にしたことがその場の雰囲気をつくり、やがて現実のものとなる言霊(ことだま)。これと同じようなことが、社内報に限らず、あらゆる印刷物の紙面に起こります。担当者が「読んでみたい」「楽しい」と思わない紙面は、やはり読者も「読んでみたい」「楽しい」紙面にはならないものなのです。 企業が、公的な情報発信としてホームページに掲載する、プレスリリースをイメージしてみてください。プレスリリースに必要なのは、正確で精緻な情報です。読んでワクワクするようなエンターテイメント性は必要ありません。そうすると、プレスリリースの担当者は、情報の正確性に重点を置き、「読んでみたい」「楽しい」と思うような紙面上の工夫は後回しにします。その結果、多くのプレスリリースは「読んでみたい」「楽しい」という紙面よりも、企業が発信する書類、ドキュメントの佇まいになるのです。このようなことが、社内報でも起こる可能性が高いのです。

「私たちは頭がカタイから、読んでみたい、楽しい紙面なんて考えられない」

最初からあきらめてクリエーター任せにしてしまうのも、1つの選択肢ですが、それでは担当者が「読んでみたい」「楽しい」と思えるような紙面にすることができません。やはり、大きな方針、方向性は、担当者がクリエーターに示していくことが大切なのです。そのようにして、担当者が紙面づくりに積極的に参加している社内報は、やはり多くの社員の方が、読んで楽しく、面白いものになっています。

2. 面白いと思ったものは、なんでも取り入れてみる

私たちクリエーターは、企画やネタを考えることを仕事としているために、常に「面白い」「楽しい」「カッコいい」情報を集め、見て読んで体験するようにしています。ぜひ、社内報を担当される方も、私たちと同じように「面白い」「楽しい」「カッコいい」情報を、集めるようにしてみてはいかがでしょうか?
一番お勧めできる参考コンテンツは、テレビのバラエティや情報番組です。世界情勢や金融、医療や科学などといった、専門的で難しい話をわかりやすく解説している番組は、無味乾燥になりがちな社内報のコンテンツを、魅力的でわかりやすいものに変えるヒントが満載です。

例えば、説明用のフリップの中にあるフローチャートやグラフ、専門用語を視聴者にわかりやすく説明する方法、説明する専門家の紹介写真などを見てみましょう。さらに、バラエティであれば、タレントやコメンテーターのコメントのテロップなども参考になります。彼らのコメントは、専門用語で理解不能になりがちな専門家の説明を、視聴者がわかるレベルに嚙砕いてくれています。その中には、専門家では思いつかないような視点でわかりやすく、しかも親しみやすい言葉に置き換えてくれているものもあります。

さらにテレビ番組ですから、視聴率を意識したエンターテイメント性を追求しています。しかもそのエンターテイメント性は、視聴者に伝えたい情報を視聴者に印象的に記憶されるように工夫されています。この工夫が視聴率に反映されるために、番組側も必死です。このような番組をタダでしかも、ほぼ毎日、どこかのテレビ局が流していますから、ちょっと注意してみてみると、「面白い」「楽しい」「カッコいい」情報のアイディアは、すぐに集めることができます。
この他にも、各社の社長が登場するインタビュー番組、企業の技術や製品を紹介する番組なども参考になります。カッコよく社長を登場させるための写真のポーズ、技術や製品を紹介する時の背景や特徴を的確に伝えるワンワードのキャッチフレーズなどは、同じような企業の情報を、どのように魅力的にみせるか、わかりやすく伝えるかという点で、私たちクリエーターも注目しています。

もちろん、印刷物でも参考になるものはたくさんあります。会社案内やパンフレット、製品カタログなどは、「面白い」「楽しい」「カッコいい」を追求しているものばかりです。雑誌やマンガなども、読者から「面白い」「楽しい」「カッコいい」といった評価を得るための紙面づくりを追求しています。

このようにして、常日頃から、「面白い」「これは使えそう」と思うものを気に留めておくようにしましょう。ちょっと手間がかかるかもしれませんが、You Tubeなどの動画のアドレスや画像データ、PDFなどでパソコンやスマホに入れておくとさらにいいと思います。そのようにして集めた「面白コンテンツ」は、担当される方の表現力やクリエイティブ力を高めるだけではなく、社内報での企画やネタづくりにも活かすことができます。面白いと思ったものは、なんでも取り入れてみる。そのようにして、社内報の企画の方向性を決めていけば、「私たちは頭がカタイから、読んでみたい、楽しい紙面なんて考えられない」などといったことは、もう言わなくても大丈夫です。


続きはまた次回!

これだけは知っておきたい社内報づくりの4ステップ

満足度の高い社内報制作をお求めならインターナルブランディングの日本PRセンターへ

「企画」コンテンツ一覧へ

連載コンテンツ

ブログの最新記事や社内報にお役立ち情報を定期的にお届けしています。

※プライバシーポリシーに同意の上、ご登録ください。

社内報データブック

今日から使える!社内報企画のレシピ12選

セミナー開催情報

運営会社