'

2017.11.07

ヘルスケアに役立つ健康関連企画

ヘルスケアに役立つ健康関連企画

こんにちは。編集ディレクターのkojiです。

日本には春夏秋冬の四季がありますよね。冬のピーンとした冷たい空気、結構好きです。
当社のセミナーにご参加いただいた企業様のアンケート結果を見てみると、社内報の発行頻度で一番多いのは3ヶ月に1回。つまり、季節ごとに発行している企業様が多いということのようです。

冬と言えばインフルエンザの季節。。。当社ではインフルエンザの予防接種がもうすぐ行われる予定です。

働き方について注目が集まるこのごろですが、労働時間や職場環境整備などだけでなく社員の心と身体の健康管理についても課題として捉える企業も増えてきていることでしょう。

会社としてヘルスケアを推進していく施策の一つとして社内報に健康関連のページを1ページ、もしくはページの半分くらいのコラムを掲載してみてはいかがでしょうか?

★こんな誌面イメージはいかがでしょう。

健康関連のイメージは写真を使うと視覚的効果が高すぎてしまうので、かわいいイラストなどを挿絵に使ってみるのがオススメです。

ちなみに、なぜ冬に風邪をひく人が多いかご存じですか?
それは、ウイルスは、「乾燥」を好むからだと言われています。また、そのウイルスの侵入を防ぐノド(喉)が乾燥すると、それを排除する働きが弱まってきてしまうのだそうです。
ということで水分補給をする、うがいをする、マスクをするなど、なるべくノドを乾燥させないように気をつけましょう!

健康関連の企画や記事で大切なのは「正しい情報」が「わかりやすく」載っていること。知識のない人が0から書くにはちょっとハードルが高い企画でもありますよね。
そんな時には外部のサービスを活用しましょう!健康関連では運動や食事・レシピ、ストレス対策、医療情報などなど、テーマに応じて専門的な記事を提供・制作してくれるサービスがあります。
上手く活用して、社内報制作に役立てていきましょう!

これだけは知っておきたい社内報づくりの4ステップ

満足度の高い社内報制作をお求めならインターナルブランディングの日本PRセンターへ

編集ディレクター kojiの最近書いた記事

  • 2018.3.19 社内報を思い描くデザインに仕上げても… Female photo editor working in creative office こんにちは、ディレクターのkojiです。いきなりですが、社内報のデザイン…

  • 2017.8.21 歴史や哲学を社内報で伝える方法 20170821-2 「温故知新」という四字熟語がありますよね。歴史や思想を調べたり考えたりし…

  • 2017.3.28 社内報で座談会企画を実施するときのヒ… shutterstock_138836342 こんにちは。ディレクターのkojiです。本日は、社内報の企画としてよく挙…

  • 2016.8.22 厚みのある「特集企画」にするためのひ… 160822 勉強の秋、スポーツの秋、芸術の秋…など、秋はさまざまなことにチャレンジし…

「企画」コンテンツ一覧へ

連載コンテンツ

ブログの最新記事や社内報にお役立ち情報を定期的にお届けしています。

※プライバシーポリシーに同意の上、ご登録ください。

社内報データブック

今日から使える!社内報企画のレシピ12選

セミナー開催情報

運営会社