'

2017.10.03

そろそろ新年号の企画はじめてますか?

そろそろ新年号の企画はじめてますか?

ここ数年、夏の終わりには店頭にハロウィン商品が並ぶようになりました。ハロウィンが終わったらすぐにクリスマスがやってきて、あっという間に新年を迎えることになります。もう1年が終わる!と最近何度もつぶやいているRindaです。

秋が深まるこの時期に、社内報担当者が考えることはハロウィン・・・ではなく、新年号の企画ではないでしょうか。新年号では経営陣のご挨拶や事業方針などかためな記事が多くなりがちです。そこに読みやすく新年を感じる企画を加えることで、読者の興味をグッと惹きつける工夫をしてみてはいかがでしょうか。今回は楽しく、社員間コミュニケーションのきっかけになる企画のヒントを紹介します。

新年の抱負・プライベート編!

「仕事の新年の抱負」というと定番企画でかたくなりがちですが、「プライベートの新年の抱負」にすると社員の個性を出しやすくなります。また定番企画ではありますが「登場いただく人」と「誌面の見せ方」を工夫することで楽しく・飽きられない、バリエーション豊富な企画です!
「登場いただく人」では管理職の人たちばかりでなく、新年らしさの出やすい「年男年女」や「今年新成人になるスタッフ」、もうすぐ先輩となる「入社2年目を迎える社員」、昨年活躍した「◯◯賞をとった社員」、メンターなどの関係性のある「先輩と後輩」など切り口は無数にあります。自社の社内報の目的や社内の状況にあわせて検討してみてください。
「誌面の見せ方」で簡単な方法はデザインを工夫することです。「すごろく風」「かるた風」「絵馬風」など新年らしさを出すことはモチーフ次第で簡単にできますね。もう少し準備が必要な工夫としては、抱負を「漢字1文字」で手書きしてもらう、筆で「書初め」をしてもらうなどもおすすめですよ。


忘年会・新年会フォトレポート

年末年始は会社全体や支店・営業所、部署ごとなどで集まる機会も多くなる時期ですね。このようなイベントを社内報に掲載している企業も多いのではないでしょうか。この企画を実行するときに困りがちなのは、イベントが終わった後に写真を集めようと声をかけたら、いい写真があまりない・・・という状況です。
事前に各方面に根回しをして写真撮影をお願いしておきましょう。
一言コメントをもらってレポート風に掲載したり、インスタグラムなどのSNSのように#(ハッシュタグ)を写真につけてもらう、編集委員の中で「いいね!」や「♥」をつけてランキング形式にしてみるなど、ちょっとした工夫をしても楽しいですね。

新年お年玉プレゼント企画!

社内報でプレゼント企画を行っている企業も多数あります。アンケートやクイズに答えていただいた方の中から抽選で◯名様にプレゼント!などはよく見かけます。
応募形式だけでなく、社内報に個別ナンバーを入れてお年玉付き年賀はがきのように抽選式にしたり、スクラッチをつけてワクワク感を演出する方法もあります。
プレゼントする物も社内報らしく「◯◯社長セレクト福袋」や「上司と部下限定ペア豪華ランチご招待」など社内コミュニケーションに役立ちそうな物を考えてみてはいかがでしょうか。


いつもの新年号とはちょっと違った取り組みをするには、事前準備が重要です。ようやく暑さが落ち着いた時期ではありますが、新年号に向けて準備を始めましょう!

これだけは知っておきたい社内報づくりの4ステップ

満足度の高い社内報制作をお求めならインターナルブランディングの日本PRセンターへ

Rindaの最近書いた記事

  • 2017.4.11 社内報だからといって社内ばかりに捉わ… lesson21_mv01 みなさんの企業の社内報に、社外の人が登場することはありますか?こんにちは…

  • 2017.3.23 CSR活動報告やイベントレポートにつ… shutterstock_326649053 最近は多くの企業でCSR活動などが行われています。社内報でその活動報告を…

  • 2017.2.21 用紙のちょっとしたこだわり paper いつもお客様の社内報をつくっている私たちですが、自社の社内報も作っていま…

  • 2016.12.21 社内コミュニケーションのきっかけづく… lesson23_mv01 社内報・年始号の校了ラッシュもピークを過ぎて、現在は印刷工場がフル稼働中…

「企画」コンテンツ一覧へ

連載コンテンツ

ブログの最新記事や社内報にお役立ち情報を定期的にお届けしています。

※プライバシーポリシーに同意の上、ご登録ください。

社内報データブック

今日から使える!社内報企画のレシピ12選

セミナー開催情報

運営会社