'

2014.11.28

社長インタビューは、「対談相手を変えてみる」

社長インタビューは、「対談相手を変えてみる」

社長インタビューは、多くの企業が社内報に採用している大きなテーマです。経営トップの考えや経営方針を従業員たちに理解させ、企業としての一体感を生み出すために、なくてはならないものです。しかし、それらが単純に羅列されているだけでは「難しすぎる」という印象を与えてしまうようです。そこで、同じテーマでも「対談相手を変えてみる」と、誌面の印象はガラリと変わり読ませる工夫につながります。

<トップダウン型>

(社長×事業役員対談)「求める次世代リーダー像とは?」

企業を取り巻く環境に対応し、市場競争力を高めていくために、人材強化は欠かせません。なかでも、組織を牽引するリーダーの育成は重要度を増しています。社長と事業部長などにご登場いただき、「次世代リーダー像」を語ってもらいます。現リーダーの人には自身の姿を見直すきっかけとして、これからリーダーを目指す人には、「こんな部長になりたい!」という指標として働くモチベーションにつながります。

<ボトムアップ型>

(社長×新入社員対談)「新人が突撃! 『社長、会社のミライを教えてください!』」

新入社員と社長の対談という切り口は、わかりやすい言葉づかいで「読みやすそう」というソフトな印象を与えます。また、今年の新入社員はどんな雰囲気か?といった新入社員像を伝えるとともに、経営トップまでの開かれた企業風土があることを伝えます。

このように、語る相手を変えてみるだけで、読み手にさまざまな効果を生み出します。

これだけは知っておきたい社内報づくりの4ステップ

満足度の高い社内報制作をお求めならインターナルブランディングの日本PRセンターへ

編集ディレクター kojiの最近書いた記事

  • 2016.8.22 厚みのある「特集企画」にするためのひ… 160822 勉強の秋、スポーツの秋、芸術の秋…など、秋はさまざまなことにチャレンジし…

  • 2016.8.8 もしも、社内報への掲載を社員に断られ… 160808 こんにちは、ディレクターのkojiです。 会社案内や採用ツールは、たと…

  • 2016.8.1 社内報の「コスト」について、考える。… 160801 のつづき 社内報制作会社・営業Bさん(以降Bさん): 「先日はヒ…

  • 2016.7.25 社内報の「コスト」について、考える。… 160725 社内報担当者Aさん(以降Aさん): 「ウチの社員に社内報はあまり読まれ…

「企画」コンテンツ一覧へ

連載コンテンツ

ブログの最新記事や社内報にお役立ち情報を定期的にお届けしています。

※プライバシーポリシーに同意の上、ご登録ください。

社内報データブック

今日から使える!社内報企画のレシピ12選

セミナー開催情報

運営会社