'

2015.02.03

企画のネタ帳
社内報 新年号のリニューアルは、表紙から。

社内報 新年号のリニューアルは、表紙から。

寒い日々が続いていますが、デパートの冬物売り出しは既にピークを越え、春物のお洋服などが店頭に飾られるようになってきました。こんにちは、ディレクターのkojiです。

当社への「社内報のリニューアルをしたい!」というご相談も、この時期がピークです。
3月決算の企業様が多いので、できれば新年度の春号からイメージを変えたい、という思いからきているようです。

リニューアルでイメージを変えたい場合、一番手っ取り早いのが、「表紙デザインの変更」。

でも、意味のない写真やイラストでは、読者の興味を惹くことはできません。

これまで社内報を発行してきた企業様の場合は、まず現在の表紙デザインを採用した背景や、社内での評判を聞いてみましょう。
オリジナルの冊子タイトルをつけているのであれば、その由来を確認してみましょう。
そこに次なるヒントが隠れているはずです。

表紙は、その社内報の顔となる大事な部分。
社内報の目的が伝わるためには、どうしたらよいか?
ワクワクと中身を期待させるような表紙デザインとは、どういうものか?を考えていきましょう。

内容に関係する画像やイラストを使用する、記事の内容項目を表示するなど、すでに取り組まれている企業様も多いと思いますが、モチーフを扱うメリットについて考えてみましょう。

★風景写真を用いる

大胆に使うことで、紙面に動きを出す効果もあります。自然のモチーフを使えば、カンタンに季節感を表すことができます。ただし、写真を使うだけでは企業様のオリジナリティを感じさせることは難しいです。それは、その風景自体を企業様が作り上げたものではないことがほとんどだからです。
選んだ理由を考えてその要素を加えましょう。たとえば風のようなグラフィックラインを引いて“時の流れ”を感じさせる、企業ロゴ形で切抜いて使用することで、“企業の方向性”を表すなど。

★人物写真を用いる

人物の顔、特に目の部分は注目を集めやすい場所です。カメラ目線の写真はその人物からの「強い主張」を感じさせる効果があります。逆に視線をはずした写真は、その人物の活躍を見守る「読者側の目線」で見ることができます。
活躍している1人を取り上げて特別感をだしてみたり、部署やチームなど複数人数を取り上げて一体感を出してみたり、取り上げ方によって多くのバリエーションがあります。

★イラストを用いる

堅苦しさを取りのぞき親しみやすい印象を与えます。また、写真に比べてイラストは抽象的なイメージにまとまるので、読者に「想像の余地」を与え、気になって内容を読んでみたくなる、という効果が期待できるかもしれません。
企業ならではの商品やサービスなどをイラスト化することで、自社らしさを出していくといいでしょう。

さぁ、表紙デザインに伝えたい想いを乗せて、発信していきましょう!

これだけは知っておきたい社内報づくりの4ステップ

満足度の高い社内報制作をお求めならインターナルブランディングの日本PRセンターへ

編集ディレクター kojiの最近書いた記事

  • 2018.3.19 社内報を思い描くデザインに仕上げても… Female photo editor working in creative office こんにちは、ディレクターのkojiです。いきなりですが、社内報のデザイン…

  • 2017.11.7 ヘルスケアに役立つ健康関連企画 747979 こんにちは。編集ディレクターのkojiです。日本には春夏秋冬の四季があり…

  • 2017.8.21 歴史や哲学を社内報で伝える方法 20170821-2 「温故知新」という四字熟語がありますよね。歴史や思想を調べたり考えたりし…

  • 2017.3.28 社内報で座談会企画を実施するときのヒ… shutterstock_138836342 こんにちは。ディレクターのkojiです。本日は、社内報の企画としてよく挙…

「企画」コンテンツ一覧へ

連載コンテンツ

ブログの最新記事や社内報にお役立ち情報を定期的にお届けしています。

※プライバシーポリシーに同意の上、ご登録ください。

社内報データブック

今日から使える!社内報企画のレシピ12選

セミナー開催情報

運営会社