'

2015.08.10

企画のネタ帳68
春号以外の「新入社員」の企画の切り口とは?

春号以外の「新入社員」の企画の切り口とは?

こんにちはディレクターのkojiです。

新入社員の方たちも、三か月、半年、一年・・・と時間の経過とともにどんどん活躍されていくことでしょう。
本日は社内報の企画のネタ帳として、「新入社員」をフックにした企画を3つご用意いたしました。

【1】 入社時とのBefore ⇔ After

自分自身の心境の変化、周囲からの反応など、入社時と比べて変わったな、と思うことを語っていただきます。いろいろな意見を載せたいので、なるべく多くの新入社員を登場させましょう。さらなる成長へ向けた意識の引き上げ、あるいは、会社側の人材育成への姿勢などを伝えることができる企画となるでしょう。

【2】 活躍を始めた新入社員に密着

半年で、すでに第一線で活躍を始めた新入社員を選定し、その仕事ぶりを密着取材します。これは、新入社員にもどんどんチャンスを与えます!という企業の風通しのよさを伝えることができる企画になるでしょう。

【3】 新入社員に聞く、○×会社の5つの疑問

長年過ごしている社員には当たり前のことでも、もしかしたら偏った会社ルールが出来上がってしまっているかもしれません。入ったばかりの新入社員は、ある意味、会社を第三者的な視点で見てくれる貴重な存在です。会社に対して素朴に感じる疑問をQ&A形式でまとめて紹介します。

春号だけの登場に留まっていた「新入社員」の企画。半年経った今、これからの企業を担う社員として、新たな企画の主人公に取り上げてみてはいかがでしょうか。

さて、社内報担当者のための情報サイト「SHAHOO!(シャホー!)」も夏期休暇をいただき今週末までお休みとなります。次回の更新をお楽しみに。

これだけは知っておきたい社内報づくりの4ステップ

満足度の高い社内報制作をお求めならインターナルブランディングの日本PRセンターへ

編集ディレクター kojiの最近書いた記事

  • 2018.3.19 社内報を思い描くデザインに仕上げても… Female photo editor working in creative office こんにちは、ディレクターのkojiです。いきなりですが、社内報のデザイン…

  • 2017.11.7 ヘルスケアに役立つ健康関連企画 747979 こんにちは。編集ディレクターのkojiです。日本には春夏秋冬の四季があり…

  • 2017.8.21 歴史や哲学を社内報で伝える方法 20170821-2 「温故知新」という四字熟語がありますよね。歴史や思想を調べたり考えたりし…

  • 2017.3.28 社内報で座談会企画を実施するときのヒ… shutterstock_138836342 こんにちは。ディレクターのkojiです。本日は、社内報の企画としてよく挙…

「企画」コンテンツ一覧へ

連載コンテンツ

ブログの最新記事や社内報にお役立ち情報を定期的にお届けしています。

※プライバシーポリシーに同意の上、ご登録ください。

社内報データブック

今日から使える!社内報企画のレシピ12選

セミナー開催情報

運営会社