'

2016.01.20

企画のタネは、いつも読者の「不の解消」にある!

企画のタネは、いつも読者の「不の解消」にある!

こんにちは、nocoです。
社内報担当者の方のお悩みで定番なのが、「企画のマンネリ化」かと思います。
この気持ち、私もよ~くわかります。雑誌の編集者になって、少し慣れた頃(2年目とかでしょうか)この壁にぶつかりました。
でも、ちょっとしたコツをつかむと、このお悩みは見事に消えてなくなります。むしろ、作ってみたい企画が次々と浮かんでくるようになります。
この考え方のポイントを、今回はご紹介したいと思います。

それは……
読者の「不」の解消を常に考える
ということです。

実は、全くのゼロから創造するようなことは、記事制作の場面ではほとんどなく、「読者にこの情報を伝えたい」「こんなお悩みを解決したい」など、目的があって作ることが多いはずです。
特に、情報を発信する媒体の場合は、読者の「不」を解消することが多いと思います。
具体的には、記事を読めば「わからないことがわかる」「不安が解消される」「マイナスな感情がプラスに変わる」などです。
この「不」をどうやって解消するのか、を企画にしていくのです。

そのために大切なのは、やはり「現場のリアルな声」です。
読者が今、どんなことに困っていて、何が知りたいのか。どんな表現をすれば響くのか、逆に不快に思うこと、など、読み手の「今」をきちんと捉えていること。
アイデアの斬新さよりも、ここが肝なのです。

社内報読者である社員のみなさんが、今、知りたいことは何ですか?
不安に思っていること、困っていることは?
これを深掘りしていけば、必ず企画は生まれます。

ぜひ一度、まわりの社員の方たちにヒアリングしてみて下さい。
きっとヒントがたくさん見つかりますよ!

これだけは知っておきたい社内報づくりの4ステップ

満足度の高い社内報制作をお求めならインターナルブランディングの日本PRセンターへ

nocoの最近書いた記事

  • 2016.8.17 社内報は“じわじわ”効くものです。 No.37_kanpou まだまだ暑い日が続きますね。外気の熱による消耗、冷たい物の摂り過ぎによる…

  • 2016.8.3 社内報にとって「良いデザイン」とは何… No.36_design 湿度の高い夏が苦手なnocoです。こんにちは。さまざまな社内報のお手伝い…

  • 2016.7.20 「作業」に支配されないスケジュール管… No.35_schedule_re 先週は撮影と校了が重なり慌ただしかったnocoです。 制作の仕事には「…

  • 2016.7.6 初校で余分なデザイン修正をしないため… No.34_point こんにちは、nocoです。 通常、社内報の記事を作っていて最も修正指示…

「企画」コンテンツ一覧へ

連載コンテンツ

ブログの最新記事や社内報にお役立ち情報を定期的にお届けしています。

※プライバシーポリシーに同意の上、ご登録ください。

社内報データブック

今日から使える!社内報企画のレシピ12選

セミナー開催情報

運営会社