'

2016.05.30

企画のネタ帳90
決算数値は、
ニュースダイジェストで分かりやすく。

決算数値は、<br />ニュースダイジェストで分かりやすく。

こんにちは、kojiです。3月決算の企業さまの場合、社内報の夏号で「決算報告」を特集に取り上げることも多いかと思います。決算報告とは、企業の会計期間中の経営成績、財政状態などを報告することです。

業績を意識することの多い営業や経営部門の社員であれば、数値への抵抗も低く、しっかり読んでくれるかもしれませんが、普段それらに関わりの少ない社員にとっては、業績報告だなんて難しそう…という苦手意識から、敬遠され、読み飛ばされてしまいがちです。一方で、社内報担当者も、その伝え方の難しさから、決算報告の表やグラフをそのまま載せておこう、と消極的な伝え方に留まっているケースも多く見受けられます。

そのような時、決算報告に紐づく出来事やイベントをダイジェストして、決算報告の表やグラフと一緒に掲載するとわかりやすく伝えることができます。

ある事業の商品が売上げ好調で、全体の業績を引っ張っていてこれからにもさらに期待が持てることとか、古くから使っていた機械を新しいものに切り替えることで一時の費用負担はあっても、その後の稼働に期待ができることとか。

決算報告ページは、確かに終わった期間の振り返りのページではあるのですが、これから企業の進むべき方向性を伝える重要なページとなります。社員の方々に読んでいただくために、まずは社内報担当者である皆さんが決算ページを理解し、わかりやすい紙面構成をめざしてください。

これだけは知っておきたい社内報づくりの4ステップ

満足度の高い社内報制作をお求めならインターナルブランディングの日本PRセンターへ

編集ディレクター kojiの最近書いた記事

  • 2016.8.22 厚みのある「特集企画」にするためのひ… 160822 勉強の秋、スポーツの秋、芸術の秋…など、秋はさまざまなことにチャレンジし…

  • 2016.8.8 もしも、社内報への掲載を社員に断られ… 160808 こんにちは、ディレクターのkojiです。 会社案内や採用ツールは、たと…

  • 2016.8.1 社内報の「コスト」について、考える。… 160801 のつづき 社内報制作会社・営業Bさん(以降Bさん): 「先日はヒ…

  • 2016.7.25 社内報の「コスト」について、考える。… 160725 社内報担当者Aさん(以降Aさん): 「ウチの社員に社内報はあまり読まれ…

「企画」コンテンツ一覧へ

連載コンテンツ

ブログの最新記事や社内報にお役立ち情報を定期的にお届けしています。

※プライバシーポリシーに同意の上、ご登録ください。

社内報データブック

今日から使える!社内報企画のレシピ12選

セミナー開催情報

運営会社