'

2016.11.01

堅苦しいネタがなぜか面白く!
『切り口の変え方』のコツ

堅苦しいネタがなぜか面白く!<br /> 『切り口の変え方』のコツ

社内報を社員に読んでもらうためには、どうすればいいのでしょうか?
答えは簡単です^^

「面白い」「また読みたい」と思わせればいいのです。

そう思わせるためには、興味が湧くような企画を立て、記事を作成する必要があります。 (「読まれる企画と読ませたい企画」も読んでみてください!)
しかし、中にはどのように“料理”しても、面白くするのが難しそうな内容があります。経営方針や業績の報告、新たに導入される制度、経営陣からのメッセージなどがそうです。
「2016年度の経営方針」といった文言の見出しが目に入った瞬間、スルーして次のページをめくってしまう社員が多いのは、容易に想像できます。

ところが、ちょっとした工夫で、こうした堅苦しい記事も目に留まるようになります。どのようにすればいいか、その方法を説明していきます。

2. 興味を惹きつける「見出し」の作り方

見出しはどうやって作成すればいいのでしょうか。ポイントは2つあります。
1つは、「具体性を持たせる」ということです。

たとえば、先ほど悪い例として「2016年度の経営方針」というフレーズを挙げました。
一見、具体性があるように見えますが、このフレーズは非常に抽象的です。

まず、「経営方針」は「○○○という経営方針」といった形で使われる言葉であって、それ自体にはさしたる意味はありません。
むしろ「○○○」の部分のほうが重要であって、社員に伝えたい具体的な情報なのです。

では、「○○○」の部分をそのまま使えばいいのでしょうか。
                 ・
                 ・
                 ・
                 ・
続きはこちらから(無料)

これだけは知っておきたい社内報づくりの4ステップ

満足度の高い社内報制作をお求めならインターナルブランディングの日本PRセンターへ

「お役立ち資料」コンテンツ一覧へ

連載コンテンツ

ブログの最新記事や社内報にお役立ち情報を定期的にお届けしています。

※プライバシーポリシーに同意の上、ご登録ください。

社内報データブック

今日から使える!社内報企画のレシピ12選

セミナー開催情報

運営会社